心臓弁膜症と漢方

心臓には僧帽弁(そうぼうべん)、三尖弁(さんせんべん)、大動脈弁(だいどうみゃくべん)、肺動脈弁(はいどうみゃくべん)の4つの弁があります。それぞれの弁は部屋のドアと同じような働きをして、血液が逆流するのを防いでいます。この弁のはたらきが損なわれる病気が心臓弁膜症です。ドアが十分に開かなくなった狭窄症(きょうさくしょう)と、ドアがきちんと閉まらなくなった閉鎖不全症(へいさふぜんしょう)の2つがあります。双方が同時に存在することもあります(狭窄症兼閉鎖不全症)。 2つ以上の弁が同時に侵されることもあり、その場合は連合弁膜症といいます。症状は起座呼吸(仰向けになると苦しくて上体を起こしてしまう)、夜間発作性呼吸困難(夜中に突然苦しくなる)、喀血、心臓喘息(ゼェーゼェーと喘息のように苦しくなる)、胸の痛み、動悸、息切れ、不整脈、めまい、失神、呼吸困難、高血圧、浮腫などさまざまな症状があらわれます。心臓弁膜症は、弁膜の位置と、閉鎖不全、弁口狭窄の差によって、いくつかの種類に分けられますが、漢方の治療にあたっては、これらの違いによって、治療方針を決めるのではなく、その患者の愁訴や、腹証、脈証などによって、処方を選定します。

よく使う漢方薬

  • 木防已湯
  • 増損木防已湯
  • 炙甘草湯
  • 柴胡桂枝乾姜湯加呉茱萸茯苓
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯
  • 五苓散
  • 茯苓甘草湯
  • 茯苓杏仁甘草湯

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください