動脈硬化と漢方

動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態を動脈硬化といいます。動脈硬化の起こっている患部の位置によって、それぞれ違った症状が起きます。冠状動脈の硬化は心臓性喘息、狭心症、心筋梗塞などの原因となり、脳動脈の硬化は、脳梗塞、脳出血などの原因となり、腎臓の動脈に硬化が現れると、腎硬化症が起こり、下肢の動脈に硬化がくると、間欠性跛行症となり、腸の血管に硬化がくると動脈硬化性間欠性腹痛を起こすようになります。

よく使う漢方薬

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください