狭心症と漢方

狭心症は、心筋を養う冠状動脈の一部に狭窄があり、一時的に血流が途絶することによって起きます。発作性に胸の奥が痛い、胸がしめつけられる・押さえつけられる、胸が焼けつくような感じがある病気す。発作時には、大多数は胸部の症状として現れますが、胃のあたりや背中の痛み、のどの痛み、歯が浮くような感じ、左手の内側のしびれ・痛みとして感じることもあり、不安感、絶望感におそわれ、顔色は蒼白となり冷汗が流れます。発作は15分以内で改善することが多く、15分以上続く場合は心筋梗塞の可能性があります。狭心症は、そのままにしておくと心筋梗塞に移行することが多いので注意が必要です。

よく使う漢方薬

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください