坐骨神経痛の原因

腰椎ヘルニア

背骨の骨と骨の間には椎間板というクッションが存在しています。クッションの中身はゼラチン状の髄核、カバーがコラーゲンを豊富に含む線維輪といいます。この髄核や線維輪の一部などが飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。 人間は二足歩行なので背骨にたくさんの重力がかかります。そこからさらに背骨に予想以上の力がかかったり、加齢などによりクッションの弾力性が無くなると、クッションがはみ出たり、中身が飛び出して神経を圧迫した結果、痛みやしびれを引き起こします。この状態を放置しておくと髄核がどんどん出てくるので、痛みやしびれがだんだん強くなってきます。特に腰椎の4番と5番の間で起こりやすいです。ここが体を支える要になるところだからです。

脊柱管狭窄症

脊椎を構成する椎骨には、椎孔という穴があいていて管のようになっています。それを脊柱管といい、その中を神経が通っています。椎体にトゲのようなものができたり、周りの靱帯や関節が肥厚して脊柱管を押しつぶすことがあります。その結果、中の神経が圧迫されて痛みやしびれが引き起こされます。これを脊柱管狭窄症といいます。

坐骨神経痛の症状

  • 片側(稀に両側)の腰からお尻、足先にかけてしびれや痛み、筋力の低下など
  • 足が重くなったり、力が入りにくい。
  • こむら返りが起きやすい。
  • 足のむくみ、冷え

坐骨神経痛に用いる代表的な漢方薬

坐骨神経痛の治療例

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください