漢方で妊娠しやすい体づくり

なかなか赤ちゃんを授からず、産婦人科や不妊クリニックで大変な思いをしていませんか?漢方の不妊治療とは赤ちゃんを授かりやすい体質にしていくことが目的です。不妊だけにとどまらず、産後も母子ともに健やかに過ごしていけるようにしていくのが漢方薬のいいところです。

不妊症の治療例

不妊の原因

原因は様々です。一つだけでなく複数絡み合うこともあり、体全体を整えていく必要があります。

  • 排卵障害
  • 卵管障害
  • 子宮の異常
  • 免疫の異常
  • 不育症
  • 男性不妊

現代医学の不妊治療

「病院の治療と漢方薬を併用しても大丈夫ですか?」とよく聞かれます。もちろん大丈夫です。両者を併用することでより妊娠する可能性が高まります。ただし、病院での治療は体に負担がかかることもあります。漢方薬だけで妊娠しやすい体にしていくことも可能です。

不妊症のタイプ別漢方治療

血虚

体の血の量が少なくなっている状態です。顔色が白く、貧血気味、冷え症、生理がすぐ終わる、生理痛が激しい、経血量が少ないなど

使用する漢方薬

当帰芍薬散など

瘀血

体の血の流れが悪くなっている状態です。冷えのぼせ、顔がほてる、生理が遅れやすい、経血に塊が混じるなど

使用する漢方薬

桂枝茯苓丸など

脾虚

体のエネルギーが不足して、内臓が弱っている状態です。疲れやすい、食欲がない、生理が遅れやすいなど

使用する漢方薬

六君子湯など

腎虚

体が衰えている状態です。冷え性、下半身がだるい、性機能の減退など

使用する漢方薬

六味丸、八味丸など

五志の乱れ

ストレスなどにより自律神経が乱れ、ホルモンバランスに影響が出ている状態です。精神的にしんどい、生理前後に体調を崩すなど。

五志について

使用する漢方薬

半夏厚朴湯など

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください