本態性振戦(漢方治療3ヶ月目)2016/03/17

やくしんどう

本態性振戦 男性77歳

今日ご紹介するのは本態性振戦で悩まれている患者さんです。からだがふるえて字を書くのも難しい状態で力も入りにくく、気持ちも憂鬱な感じ。来店された時はとにかく不安感をとってほしいとお願いされました。診察したところ、緊張も強く出ているようなので気持ちを緩めるような漢方薬で治療開始。

現在3ヶ月目ですが、不安感とふるえが同じようなペースで改善していってます。本態性振戦は原因がよくわからないと言われますが、他の本態性振戦の患者さんの傾向からも無意識(自律神経)の緊張があることが多いです。漢方薬で緊張を和らげるとみなさんふるえがとれていくのです。本態性振戦でお悩みの方はぜひご相談ください。