越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)

越婢加朮湯は名前の通り越婢湯に白朮もしくは蒼朮を加えた薬方です。主に体の熱、腫れ、痛みを発散します。腰痛や関節炎、リウマチなど痛みを取るのによく用いられます。また、水分の代謝を調整する作用があるのでむくみを取ったり腎炎やネフローゼ症候群にも効果があります。熱の発散、水の調整から炎症が強く分泌物の多い皮膚病にも応用できます。比較的体力のある人であれば、慢性症状にも適用できますが基本的には虚弱体質や衰弱した人には不適です。

構成生薬

麻黄、石膏、蒼朮(白朮)、大棗、生姜、甘草

適応

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください