八味地黄丸(はちみじおうがん)

腎虚(精の衰え)の代表的な漢方薬です。ある程度年齢がいくと誰にでもこの証は出てきますのでお年寄りの方によく使います。腰から下に力が入りにくく、冷える方が多いです。原典ではお酒で服用します。別名がいろいろありますが八味丸、腎気丸などがよく使われます。桂枝と附子を抜くと2つ減って六味地黄丸(六味丸)となります。八味地黄丸は、体力が衰えている方に向いていますが、体力が充実し、暑がりで、のぼせのある人には不向きです。また、胃腸が弱く、嘔吐や下痢などを起こしやすい方の服用は慎重にする必要があります。

構成生薬

地黄、山茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹皮、桂皮、附子

適応

  • 冷え性
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 腎炎
  • ネフローゼ
  • 萎縮腎
  • 膀胱炎
  • 前立腺肥大
  • 夜間頻尿
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 白内障