桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

婦人科によく使うお薬ですが男性に使うこともあります。瘀血(血が滞っている状態)を治します。この漢方薬が合うタイプの人は気の上衝(気や熱が上にあがってくる)があるので下半身が冷えて顔はのぼせる「冷えのぼせ」や、軽い精神症状、肩こりなどがみられます。漢方医学では「血の道症」と言われる独自の概念がありますが、更年期障害や子宮筋腫、子宮内膜症はその代表的疾患です。更年期障害で肩こりは整形外科、うつ症状は心療内科、ホットフラッシュは婦人科といくつもの科を受診する患者さんもいますが、漢方では一つの処方で全ての症状が改善する例も少なくありません。生姜、甘草を加えると甲字湯になります。打ち身、打撲なども瘀血になるのでこの漢方薬を使うことがあります。

構成生薬

牡丹皮、桃仁、桂枝、芍薬、茯苓

適応

  • 生理痛
  • 生理不順
  • 子宮筋腫
  • 更年期障害
  • 冷え性
  • 腰痛
  • 静脈瘤
  • 打撲
  • 皮膚病
  • 前立腺炎
  • 睾丸炎

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください