桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

桂枝湯に蒼朮と附子を加えた薬方。体を温め、痛みを発散させる作用があるため、関節痛、しびれ、冷え、運動障害など、各種の運動器・神経疾患に用います。寒さによって痛みやしびれがが悪化するような症状が特徴で、新陳代謝の機能を高める作用があり、全身機能が衰弱したときに処方されます。附子が配合されており、のぼせの強い人には適応しません。冷え症で、体力のあまりない人に向いています。

構成生薬

桂枝、芍薬、蒼朮、附子、大棗、生姜、甘草

適応

お気軽にお問い合わせください。072-771-1011営業時間 10:00-19:00 [ 月・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください