人参湯(にんじんとう)

別名を理中湯といい、丸剤にしたものを理中丸といいます。胃腸の機能が低下した方に使います。この証の人は口の中に唾液が溜まりやすいです。理中「中」は体の中心の胃腸をあらわし、胃腸の働きを高めて、食欲不振、胃もたれ、胃痛、下痢、腹痛、胃炎、胃下垂などの胃腸機能を改善する作用があります。胃腸の働きを高め、免疫力を上げるので、冷え性、体力がない人、胃腸が弱い人によく処方されます。冷えが強い場合には附子を加えて附子理中湯(丸)にします。

構成生薬

人参、白朮、甘草、乾姜

適応

  • 食欲不振
  • 下痢
  • 胃腸炎
  • 胃潰瘍
  • つわり
  • 冷え性