疎経活血湯(そけいかっけつとう)

四物湯を元にした薬方です。漢方では、気、血、水の流れを改善すれば、骨など器質的な問題があっても痛みはなくなると考えられています。疎経活血湯は血と水の巡りを改善することで関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛などを治すのに用いられます。疎経活血湯証の人は血流が悪くなると痛みが悪化しやすいです。1.チクチクと刺すような痛み、2.左足の痛み(左は血が関係するため)、3.夜に悪化する、4.酒で悪化する、これが疎経活血湯証の特徴です。血と水の流れを良くするので腎炎などにも応用されます。

構成生薬

当帰、地黄、芍薬、川芎、蒼朮、茯苓、防風、防已、羌活、威霊仙、白芷、桃仁、牛膝、竜胆、陳皮、甘草、生姜

適応

  • 腰痛
  • 関節痛
  • 神経痛
  • 腎炎